2012年8月12日 (日)

爪切り

爪が伸びていては岩は登れない。まあホールドが大きければ関係ないけど、極小カチなんかだと影響がある。

なんで、ジムだろうが外岩だろうが、クライミング前には結構爪の長さは気にして、伸びていれば切るのだが、常々、家に転がっている爪切りに不満があった。刃が悪いのは論外だが、刃自体が良くても噛合せの精度が悪かったり、剛性がなくてたわんでしまったり。

そんな折、本屋で立ち読みしたギア物雑誌に紹介されていた爪切りに興味を持った。まるで針金を切るニッパーのような形のその爪切りは、日本人の職人により一つ一つ丁寧に仕上げられているとのこと。磨き上げられたステレス鋼の刃は日本刀のような妖しい光を帯び、男心をくすぐる。

とわいえ、その後即座にそれを買い求めるべく行動を起こさなかったため(まあ、その時はその程度の興味やったんやね)、その内メーカー名すら忘れてしまい、購入しようにも手掛かりがなくなってしまった。

ところが先日嫁が、「これあんたがほしいって言ってた爪切りちゃう?」と、一枚の新聞広告を見せてくれた。そこにはまさにあのニッパーのような爪切りが載っていた。

おおっ!これや! メーカーは?、諏訪田、とある。かつて雑誌で見たのが諏訪田であったかどうかもわからないほど、完全に忘れてしまっていたが、そこは深く追求しないこととし、ここで出会ったが百年目とばかり、一気に燻っていた物欲を再燃させ、ネットで諏訪田製作所のHPを発見するや否や、そのオンラインショップでポチッと逝ってしまった。「るろうに剣心」の悪・即・斬、ならぬ欲・即・買、ですな。

Photo_2

で、切れ味であるが、普通の爪切りがパチンという感じ(切れ目を入れて割っている感じ!?)なのに対し、諏訪田の爪切りはサクッと切っている感じ(言い過ぎか)。なので、あまり切った爪が飛んで行かない(たまに飛ぶけど)。

しかし見た目通り、切った爪をキャッチする機能がないので、下に何か敷く必要があり面倒くさいので、これは飾りにして普通の爪切り使おうかな(おいっ!)。

七夕シーバス

七夕の晩、半年以上ぶりにシーバスゲット! 何とか今年も拝むことができた。

惜しくも70cmには届かなかったが、結構パワフルでレバーブレーキでのやり取りはエキサイティングやった!

魚逆さまやけど・・・

Photo

2012年7月22日 (日)

ここにしか咲かない花

♪何もない場所だけれど、ここにしか咲かない花がある。♪

♪心に括りつけた荷物を静かに下ろせる場所。♪

コブクロの歌、「ここにしか咲かない花」の冒頭部分である。別にキタダケソウを歌ったわけではないと思うが、この冒頭部分に限って言うとピッタリである。

ここにしか咲かない花、北岳草を見るべく、梅雨の間隙を突いて大樺沢を登る。

久々に見るバットレス。ピラミッドフェース、下部フランケ、Dガリー奥壁等々、懐かしい。

Photo

プチ難所を越え、八本歯のコルから北岳山荘へのトラバース道に少し入ると、華やかなハクサンイチゲの群落の中混じってポツリポツリと控え目に「ここにしか咲かない花」は咲いていた。

心に括りつけた荷物を静かに降ろして(背中に背負った荷物を大慌てで放り出して)、しばし撮影に没頭。

Photo_2

絞り開放!

Photo_3

このトラバース道は途中でぶっ壊れていてこのまま北岳山荘に行けないので、戻って稜線通しで山荘に向かう。不思議なことに、稜線の反対側には一切、キタダケソウは見られない。まさにトラバース道のある北岳南東斜面にのみにしか生息していないのである。

キタダケソウはいなくとも、反対斜面にも花は咲き乱れる。ハクサンイチゲ(白)、ミヤマキンバイ(黄)、オヤマノエンドウ(紫)等々。

Photo_4

翌日は予報通り、天気が崩れ始める。トラバース道北岳山荘側の朝露に濡れるキタダケソウを見て、一目散に退散した。

Photo_5

2012年7月20日 (金)

四国は南南西に・・・

四国は南南西に進路をとれ! これは四国西南端の柏島で我々が贔屓にしているダイビングサービスのキャッチフレーズ。元々この地にはクライミングに訪れていたのだが(大堂海岸)、最近は潜りばかり。

思いの外、レンテンヤッコが綺麗に撮れた。この手の泳ぎ回る魚はAFのとろいコンデジで捕捉するのは結構ムズいのだ。

Photo

キンチャクダイもまともに写っている。

Photo_5

コンデジの友、ハゼは、脅かして巣穴に引っ込ませさえしなければ、撮影自体は難しくない。こちらは結構レアなアケボノハゼ。ヒレが開くともっと綺麗なのだが・・・

Photo_7

あと今回は、アオリイカの産卵を観察することができた。酷い濁り潮だったが・・・。中にはゴツイのもいて、これがエギで釣れたらなあ、と思わずにはいられなかった!?

Photo_8

アオリのペア。

Photo_9

そして産みたての卵。産卵後、親はたった一年の生涯を終える。

Photo_10

2012年7月 8日 (日)

こだわり捨ててこそ・・・

以前書いた「失われた楽園」の川に、楽園復活を期待しつつ入渓。

爆釣とはいかないものの、エサ釣りで順調に釣果をのばす弟。

一方、我輩のフライは完全に沈黙・・・

この状況を打開すべく我輩は奇策に打って出た!!

「おい、エサよこせ。」(ええっー!?)

結果は以下の如し。

Photo

こだわり捨ててこそ、釣れる魚もおる、ということか。

2012年6月19日 (火)

ベランダから

とある休日、向かいのマンションの屋上に一生懸命鳴いている鳥がいる。

エライ薄汚れた色の鳥やけど何やろ。

Photo


しばらく見ていると、どこからともなく現れたハクセキレイがっ!!!

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


お腹が一杯になると・・・

Photo_7


Photo_8


こんなんを何回も繰り返した後、突如、強い夕立が! この雛はどうなるんだと、ヒヤヒヤしたものの、力強く飛んで行った。巣立ち雛やったんやね。

2012年6月18日 (月)

2012年-天体ショー

別に天体ファンではないのだけれど、野鳥撮影用機材が流用できるので、減光フィルタを購入して撮影してみた。

金環日食。金環になる北限に近く、綺麗な環にはならんかった。

Photo


続いて、金星が太陽の前を通過するってやつ。天体ファンにとっては、こちらの方がレアらしい。

Photo_2

今回使用したのは、高倍率ズームのコンデジ。メーカーHPには、モニタを見ながら、マニュアルでピントを合わせる、とあったが、モニタでは全くピントの山は掴めなかったので、AF使用。いい加減なことを書きおって。

2012年6月17日 (日)

2012年雪山-遥かなる百名山

2012年の雪山シーズン、敗退だらけでした。とりわけ、百名山を一座もゲット出来なかったのは残念。

2月の伊吹山。雪崩の危険あり、ってことで、しょうがなく南稜に取りつくも、案の定時間切れ。

Photo

3月、吹雪の中登頂した氷ノ山。後日、百名山ではないことが判明。ガクッ。

Photo_2

GW、燕から縦走してきたのに、不安定な天候故、目前で下山せざるを得なかった常念岳。

Photo_3

槍ヶ岳と北鎌尾根の雄姿を拝めたのはせめてもの救い。

Photo_4


その他、雪深すぎ、とか、周り雪崩すぎ、とか色々ありましたが、無事下山出来ているので、ヨシとしますか。

2012年1月15日 (日)

ファースト&ラストシーバス!?

このままでは今年はシーバスの顔が拝めないかもしれない・・・・かくなる上は・・・・

「新しい道具を買おう!」

というわけで、購入したのがこれ。

Photo

レバーブレーキリール。もともと磯釣りで使用されてきたものだが、近年、効果の程は賛否両論あるものの、シーバス釣りでも普及し始めた。

人差指でレバーを操作し、魚に引きずり出される糸にブレーキをかけ、魚の動きを意のままに制御しようという恐るべき兵器である。

が、レバーブレーキが機能するのはあくまでも魚が掛かってからの話。そもそも自分には掛かりもしないので全く関係ないのだが、要は単に新しいものがほしかっただけなのだ。

しかし、買った以上使ってみたい。ところが、秋も深まりクライミング絶頂期を迎え、釣りに行く暇がない。そこで、こうもり谷でのクライミングの帰途、嫁を尼崎駅に放り出して自分は武庫川河口部に夜釣りに向かう、という強行策にでた。

まあどうせ釣れんけど、ニューギアを使用するだけでええわ、という無欲さ!?が良かったのか、久々にヒット! 初めてのレバーブレーキ操作もDVDで見た通り(笑)ソツなくこなし、50cmほどの本年初シーバスを無事ゲットしたのだった。

この機能を使えるのはいつの日だろうか、と思っていたレバーブレーキをいきなり使用することができ、そのマニュアル的操作感にすっかり魅了され、翌々週再びクライミング帰りの釣行を決行したところ、なんとまた同サイズのシーバスをゲット!

Photo

スゲエ!このタックルは釣れる!と確信した。

が、その後何回か釣行を重ねたものの、魚が竿を曲げることはなく、いつも通りの穏やかな状態に戻って2011年を終えたのであった。

やはり、魚を釣り続けるには、新しい道具を買い続けるしかないのか!?

2011年12月14日 (水)

732高地へ

「そこから旅順港は見えるか!」の203高地ではなくて、732高地。越後の上高地とか取入口高地とか呼ばれるこの地を訪れてみたくて、10月連休、海谷に向かった。

1日目、ここまで来たからにはとりあえず百名山一座ゲットでしょ、ということで、雨飾山へ。

フトン菱はなかなかの迫力。

Photo

下山時、新潟県警のヘリ「はくちょう」が近づいてきたので何かと思ったら、要救を一名ピックアップしていった。

Photo_2

登山口近くの登山道脇の小さな流れにコイツが!でももう禁漁期。今年はあまり釣ってない(釣れてない!?)なあ。

Photo_3

下山後、近くの鎌池を見に行った。

Photo_4

2日目、いよいよ732高地へ。三峡パークからの往復でもよかったのだが、折角なので海谷駒ケ岳に登り、732高地に降ることにする。

駒ヶ岳を越え、鬼ヶ面山の南峰から北峰を振り返る。結構紅葉している。

Photo_5

そして、待望の732高地へ。ただのだだっ広い河原じゃね!?というのが、正直な感想。しかし、両岸に展開する壁は凄い。写真は旗振山南壁。

Photo_6

そしてフィナーレを飾るのは、一番楽しみにしていた千丈ヶ岳南西壁。国内屈指のビッグウォールでありながら、ボロすぎて近年全く登られていないらしい。732高地での渡渉に手こずり(ザブザブいけばよかった・・・)、日没寸前になってしまいゆっくり見物できなかったのが残念。しかも、実は三峡パークの展望台の方がよく見えることがわかり、さらにガックリ。

Photo_7

«笹穴沢・・・ネットの弊害!?・・・