« 七夕シーバス | トップページ

2012年8月12日 (日)

爪切り

爪が伸びていては岩は登れない。まあホールドが大きければ関係ないけど、極小カチなんかだと影響がある。

なんで、ジムだろうが外岩だろうが、クライミング前には結構爪の長さは気にして、伸びていれば切るのだが、常々、家に転がっている爪切りに不満があった。刃が悪いのは論外だが、刃自体が良くても噛合せの精度が悪かったり、剛性がなくてたわんでしまったり。

そんな折、本屋で立ち読みしたギア物雑誌に紹介されていた爪切りに興味を持った。まるで針金を切るニッパーのような形のその爪切りは、日本人の職人により一つ一つ丁寧に仕上げられているとのこと。磨き上げられたステレス鋼の刃は日本刀のような妖しい光を帯び、男心をくすぐる。

とわいえ、その後即座にそれを買い求めるべく行動を起こさなかったため(まあ、その時はその程度の興味やったんやね)、その内メーカー名すら忘れてしまい、購入しようにも手掛かりがなくなってしまった。

ところが先日嫁が、「これあんたがほしいって言ってた爪切りちゃう?」と、一枚の新聞広告を見せてくれた。そこにはまさにあのニッパーのような爪切りが載っていた。

おおっ!これや! メーカーは?、諏訪田、とある。かつて雑誌で見たのが諏訪田であったかどうかもわからないほど、完全に忘れてしまっていたが、そこは深く追求しないこととし、ここで出会ったが百年目とばかり、一気に燻っていた物欲を再燃させ、ネットで諏訪田製作所のHPを発見するや否や、そのオンラインショップでポチッと逝ってしまった。「るろうに剣心」の悪・即・斬、ならぬ欲・即・買、ですな。

Photo_2

で、切れ味であるが、普通の爪切りがパチンという感じ(切れ目を入れて割っている感じ!?)なのに対し、諏訪田の爪切りはサクッと切っている感じ(言い過ぎか)。なので、あまり切った爪が飛んで行かない(たまに飛ぶけど)。

しかし見た目通り、切った爪をキャッチする機能がないので、下に何か敷く必要があり面倒くさいので、これは飾りにして普通の爪切り使おうかな(おいっ!)。

« 七夕シーバス | トップページ

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576646/55403603

この記事へのトラックバック一覧です: 爪切り:

« 七夕シーバス | トップページ